8301_main.jpg
都会と地方のギャップなんてない。佐賀へのUターンで感じた真実
株式会社戸上電機製作所 藤﨑 晋太郎さん
GLOCAL MISSION Times 編集部
2019/10/21 (月) - 08:00

今、移住希望者のあいだで「佐賀県」が密かな人気を集めていることをご存じだろうか。福岡県と長崎県に挟まれ、かつては地味な印象しかなかった佐賀県だが、最近その「暮らしやすさ」が改めて注目されているのだ。シンクタンクが調査した「都道府県幸福度ランキング」ではなんと九州で1位。佐賀県が開設する「さが移住サポートデスク」には毎月1000件を超える問い合わせがあるという。そんな佐賀県に今年の春、神奈川県から移住したのが、藤﨑晋太郎さん。リアルな移住・転職体験談をうかがうために、藤﨑さんの新天地となった「株式会社戸上電機製作所」を訪ねた。

幸福度ランキング九州1位の素顔

佐賀県は九州の北西部に位置する人口約81万人の県である。暮らしやすさの面で再評価されているのはまずアクセスの良さだ。佐賀駅から博多駅まではJRで約40分。県の東端にある新鳥栖駅から新幹線に乗れば、たったの15分で博多駅に到着できる。実際、佐賀から福岡に通勤しているビジネスパーソンもかなり多い。

8301_05.jpg

その一方で、豊かな自然環境に「近い」のも佐賀県の魅力だろう。日本一の干潟を持つ有明海。広大な水田がひろがる佐賀平野。森林や渓谷が美しい脊振山地。さらには、古湯温泉、嬉野温泉、武雄温泉と、温泉も豊富で、休日の楽しみ方も自在だ。
食べ物も、海の幸、山の幸に恵まれ、物価も安い。ちなみに、1日5便の羽田行きが出発する九州佐賀国際空港の駐車場は無料。安価でプレイできるゴルフ場も県内にたくさんあり、「ゴルフ好きにはたまらない環境」との声もある。

また、移住の誘致に力を注ぐ佐賀県は、移住希望者へのサポートも手厚い。「さが移住サポートデスク」や「ポータルサイト サガスマイル」を常設。住まい探しから仕事探しまで相談に乗ってくれるうえ、さまざまな店で割引などの特典がある「移住支援SAGA SMILEカード」「お試し住宅」「レンタカー補助」など、佐賀県独自の移住支援制度も多彩に揃っている。

そんな佐賀県に、藤﨑晋太郎さんが移住したのは、35歳のとき。時代が平成から令和へと変わろうとする春のことだった。

慣れ親しんだ神奈川から、地元・佐賀へ

藤﨑さんの出身は、佐賀県小城市。地元の国立大学を卒業後、神奈川県にある情報通信系のエンジニアリング企業に就職し、ソフトウェアのエンジニアとしてキャリアをスタートさせた。

担当していたのは、IoT製品に搭載される組み込みソフトウェアの開発。クライアント先へ出向することも多く、長くて2年、短ければ数ヶ月単位で、さまざまなプロジェクトと職場を転々としていた。プロジェクトが変われば、開発の手法も、一緒に働くメンバーも変わる。そのたびに新たな勉強と新たな人間関係の構築に努力する必要があった。

8301_02.jpg

株式会社戸上電機製作所 技術本部製品開発部電子開発グループ 藤﨑 晋太郎さん

それでも「仕事に不満はなかった」という藤﨑さんが、Uターンを決断した理由は、佐賀県で1人暮らしをする母親のためだった。 「父を亡くし程なくして母が体調をくずしたことが、転職を考えるようになったきっかけでした」

福岡県出身の奥様も、神奈川県で看護師として働いていた。慣れ親しんだ職場を辞め、また1から新しい土地でキャリアを積み上げていかねばならないことに当初は難色を示していたが、それでも藤﨑さんが根気強く思いを伝えていくと、Uターンすることを理解してくれたという。

かといって、藤﨑さんにも不安がなかったわけではない。最大の課題はやはり、仕事だった。これまで積み上げてきたキャリアを無駄にはしたくない。これまで同様、ソフトウェア開発の仕事を希望していたが、自分にマッチする仕事が佐賀県にあるのか?Uターンを志願する誰もが感じる不安を、藤﨑さんもまた抱えていた。

だがそのハードルは、思っていたほど高くはなかった。
転職サイトを通じて求人情報を検索していくと、案の定、ソフトウェア開発の仕事は福岡県に集中していたが、佐賀県での転職にこだわっていた藤﨑さんはあきらめなかった。そしてめぐり合ったのが、「戸上電機製作所」だった。

経験をダイレクトに活かせる職場

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索