JTBとAirbnbが包括的業務提携を締結 地方創生・体験を機軸とした事業連携をスタート
GLOCAL MISSION Times 編集部
2018/11/06 (火) - 07:00

株式会社JTB(以下:JTB)とAirbnb(以下:Airbnb)は、新たな旅行体験市場の開拓を見据えた業務提携覚書を締結したことを発表した。

181106_news_01

2018年6月の住宅宿泊事業法施行にともない、法整備を含む事業環境が整う中、「交流創造事業」を軸に新たな価値を創出・発信するJTBと、「暮らすように旅する」をコンセプトに旅の在り方の変革を目指すAirbnbが、日本の旅行体験市場の活性化について共感し、業務提携を通じて新たなサービスを提供していくことについて合意に至った。

本取り組みを通じ、両社は相互に連携し、新たな旅行体験市場の創出を推進し、旅を軸とした社会の発展に貢献していくという。


【主な協業項目】

1:JTBが運営するツーリスト・インフォメーション・センターでのプロモーション活動
JTBが保有または運営するリアルなタッチポイントであるツーリスト・インフォメーション・センターを活用したAirbnbホスト・ゲスト向けプロモーションの実施等

<事業展開事例>
JTBが運営する心斎橋エリアのツーリスト・インフォーメーション・センターにおいて、11月1日よりAirbnb専用デジタルサイネージの導入を開始し、訪日外国人を対象としたAirbnbの認知向上およびタビナカでの間際需要への対応を行います。

2:地方創生に関する協業
イベント民泊や地域の魅力開発・発信に向けた連携等

3:旅行体験市場の開拓に資する新たな事業・サービスにおける協業

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索