凸版印刷、観光産業化投資基盤と戦略パートナー契約を締結
GLOCAL MISSION Times 編集部
2019/06/21 (金) - 07:00

凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、VRをはじめとするデジタル技術を活用した観光による地方創生・地域活性化に向け、株式会社地域経済活性化支援機構 (以下、 REVIC)のファンド運用会社である株式会社観光産業化投資基盤と資本提携し、戦略パートナー契約を締結したことを発表した。

190621_news_01

本事業を通じ、全国各地の観光による地域経済活性化を推進する「観光遺産産業化ファンド」をもとに、観光庁、環境省、文化庁などの関係省庁や地域の金融機関などの官民パートナーとともに、観光立国・地方創生の実現を目指す。

凸版印刷は文化財VRのパイオニアとして、これまで国内外の観光名所100カ所以上をVR化してきおり、その高度なデジタル表現技術とICTを活用し、地方へのインバウンド誘客、観光客の広域周遊や関連消費を促す戦略パートナーとして参画している。今後も地域ならではの文化資源の魅力と価値、ストーリーを訪日外国人に伝え、各地の観光活性化を支援していくという。

 

観光遺産産業化ファンドについて

観光遺産産業化ファンドは、訪日外国人旅行者にとって「日本ならでは」の魅力を持つ観光資源である「観光遺産(文化遺産・自然遺産等)」を活用する観光事業者に対し、出資及び経営人材のハンズオン支援等を通じて、地方へのインバウンド誘客及び地域の観光消費額増加等を図ることを目的としています。
また、観光遺産産業化ファンドの活用を通じ、関係省庁や地域の金融機関や観光産業事業者などの民間事業者が協働で、観光産業課題の解決に向けた取り組みを推進していきます。


 <ファンドの概要>
名称:観光遺産産業化投資事業有限責任組合(観光遺産産業化ファンド)
ファンド総額(予定):30億円
設立時組合員構成(カッコ内は本店所在地):
株式会社北洋銀行(北海道)、株式会社岩手銀行(岩手県)、株式会社横浜銀行(神奈川県)、株式会社山梨中央銀行(山梨県)、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社観光産業化投資基盤
戦略パートナー:
株式会社ANA総合研究所、WILLER 株式会社、近鉄グループホールディングス株式会社、凸版印刷株式会社、日本航空株式会社、東日本旅客鉄道株式会社
設立日:2019年6月19日
存続期間:8年間
業務運営者:株式会社観光産業化投資基盤 (TiPC)

190621_news_02

ファンド運営会社「株式会社観光産業化投資基盤」について
名称:株式会社観光産業化投資基盤 (TiPC)
設立日:2019年1月24日
所在地:東京都千代田区
資本金:2,500 万円 (※2019年5月末日時点)
株主:
株式会社地域経済活性化支援機構、株式会社 AGS コンサルティング、株式会社ANA総合研究所株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・アド、凸版印刷株式会社
代表取締役:大田原 博亮
(株式会社地域経済活性化支援機構 マネージング・ディレクター)

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索