山口フィナンシャルグループとスノーピークとの地方創生にかかる包括連携協定締結について
GLOCAL MISSION Times 編集部
2019/07/03 (水) - 07:00

山口フィナンシャルグループの子会社であるYMFGZONEプラニングは、アウトドアを活かした地域の魅力向上や新たなオフィス空間の提供による働き方改革の推進等を目的に、スノーピークと「地方創生にかかる連携協定」を締結したことを発表した。

190703_news_01

スノーピークが西日本エリアに本社を置く民間企業と、地方創生にかかる連携協定を締結するのは初めてで、今後は山口・広島・北九州エリアにおいてアウトドア事業を通じた地域の魅力向上や観光客の誘致、また新たなライフスタイルやワークスタイルの協働提案の実施により地方創生の実現に向けて連携を強化していくという。


1.包括連携協定の目的
地方創生に関わる様々な分野で相互に協力し、協働した取り組みなどを行うことにより、地方創生の実現に資する。

2.包括連携協定の主な内容
(1)アウトドアを活かした地域の魅力向上に関すること
(2)地域への観光客誘致に向けた活動の促進に関すること
(3)アウトドアを活かしたライフスタイルに関すること
(4)アウトドアを活かしたワークスタイルの変革による生産性の向上や健康経営の促進に関すること
(5)その他、協議の上で実施する地域振興に関すること

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索