国土交通省が中山間地域における道の駅等を拠点とした自動運転サービスの実証実験を開始
GLOCAL MISSION Times 編集部
2018/02/14 (水) - 07:00

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で、順次、実証実験を行うことを発表した。

2月25日(日)から3月4日(日)までの間、道の駅「たかはた」(山形県東置賜郡高畠町)を拠点とした実証実験を実施する。実験ではJR高畠駅と周辺観光施設や商店街等を廃線跡地を活用して結び、町役場や病院への移動等の高齢者の外出機会の増加や貨客混載による道の駅への農作物出荷等の検証を行う。

180214_news_01
180214_news_02
180214_news_03

参考:
国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000941.html

GLOCAL MISSION Times 編集部

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索