akippaが奈良県生駒市と締結 駐車場シェアリングに関する連携協力で地域の混雑緩和を目指す
GLOCAL MISSION Times 編集部
2018/11/09 (金) - 07:00

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(以下、akippa)は、奈良県生駒市と、駐車場シェアリングに関する連携協力に関する協定を締結したことを発表した。akippaが自治体と連携協定を締結するのは初めてとなる。

181109_news_01

車での移動が多い地方都市において、特に週末や、地域のイベント時などに発生する交通混雑は地域の課題となっている。また、住宅地においては、来客用駐車場の不足による路上駐車も多発していた。

akippaではこれまで、予約制駐車場を導入したことでスタジアム周辺の交通混雑が解消された事例や、迷惑駐車の防止に繋がった例等の実績とノウハウをもとに、導入する生駒市の課題解決を目指す。

また、日本における駐車場シェアリングの利用は、ライドシェアや民泊の4.9%を上回るものの9.1%とまだ低い現状で(※1)、自治体が積極的に周知することにより、サービスの利用に対するハードルを下げ、シェアリングエコノミーの利用促進を進めていく。

※1 総務省「平成30年版 情報通信白書」

181109_news_02

【連携協定の概要】
以下3つの取り組みを進めてまいります。
(1)生駒市内においてakippaを積極的に展開
akippaは、生駒市内で駐車場の展開を進めます。特に複数路線が乗り入れる生駒駅周辺や、南コミュニティセンターせせらぎ周辺等の公共施設でのイベント開催時に、駐車場不足による混雑の緩和を目指します。

(2)生駒市は、akippaのサービスを市民向けに積極的に周知
生駒市の広報誌「いこまち」、生駒市ホームページ、自治会回覧板等を活用し、akippaとの取り組みを市民に周知いたします。最初の取り組みとして、「いこまち」2018年12月1日号にてakippaを紹介予定です。
広報「いこまち」
http://www.city.ikoma.lg.jp/category/2-10-0-0-0.html

(3)生駒市が所有する未利用地の一部を、akippaにて活用
生駒市の所有地の一部のうち、当面の利用予定の無い未利用地について、実証実験としてakippaの活用を開始いたします。市役所前の土地から開始し、今後も市所有の未利用地の一時的なakippaの活用検討していきます。

駐車場名:生駒市役所前駐車場
駐車場住所:生駒市東旭ヶ丘170-56
利用可能時間: 毎日、24時間
利用料金: 600円(税込)/日
※11月末までは、キャンペーン価格 540円(税込)/日
※日によって変動の可能性あり
貸出台数: 7台
予約開始日:2018年11月2日(金)
利用開始日:2018年11月9日(金)

URL:https://www.akippa.com/parking/d698e290a6330716e893e95929fd917c

181109_news_03


■akippaとは
契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。
https://www.akippa.com/

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索