inahoがRaaSモデルで自動野菜収穫ロボットのサービス提供を開始
GLOCAL MISSION Times 編集部
2019/10/09 (水) - 07:00

自動野菜収穫ロボットを開発するinaho株式会社が自動野菜収穫ロボットのサービスを開始し、佐賀県鹿島市の農家に第1号ロボットを導入したことを発表した。選択収穫野菜における自動野菜収穫ロボットを、従量課金型のビジネスモデル(RaaS)で展開する新しい取り組みとなっている。

191009_news_01

現在の対応作物はアスパラガスのみとなっているが、今後はトマトやイチゴ、キュウリなど、人の目で見て収穫適期かどうかを判断しなければならない選択収穫野菜に広く対応していくという。

ロボットの生産台数は2020年に数百台、2022年には約1万台を目標とし、九州を中心に新たに拠点を開設していく。また2020年にオランダに拠点を開設し、グローバル展開も推進していくという。
 

販売せずに農家へお貸出しするinahoの自動野菜収穫ロボット

191009_news_02

■ロボットの基本情報
サイズ・重量:全長:125cm/全幅:39cm/高さ:55cm/約65kg
稼働時間:最大10時間(バッテリー駆動/家庭用コンセントで充電可能)
収穫時間:12秒/本

■ロボットの特徴
主な動作として、移動、探索、収穫という一連の流れで自動収穫を行います。

【移動】
・畑に白い線を設置するだけで設定したルートを自動走行
・ビニールハウス間の移動や夜間の利用も可能
・ロボットの操作はスマートフォンで簡単に可能

【探索】
・AIを駆使して自動走行しながら作物と枝等を判別
・探索した作物に対して収穫適期かどうかを判別
・収穫対象は出荷基準に合わせてcm単位で設定可能

【収穫】
・作物を傷つけることなくロボットアームで収穫
・収穫した作物はカゴに優しく収納
・カゴがいっぱいになると利用者のスマートフォンに通知

■初期費用&メンテナンス費無料のRaaS(Robot as a Service)
・選択収穫野菜の自動野菜収穫ロボットでは国内初のビジネスモデル(※inaho調べ)
・販売ではなく、市場の取引価格×収穫量の一部を利用料としてinahoへ支払い
・農家は導入費を抑えて利用可能で、故障によるメンテナンス費も不要
・定期的に最新のパーツに交換することで、ロボットの性能が継続的に向上
・ロボット間のネットワークを構築し、さまざまなデータを収集予定
・農家へ生産性向上のアドバイスも実施予定

191009_news_03

国際次世代農業EXPO 出展のお知らせ
10月9日(水)から幕張メッセで開催される展示会「次世代農業EXPO」に出展いたします。
ロボットのデモンストレーションや事業紹介プレゼンテーションを実施します。皆さまのご来場お待ちしております。
【日程】 2019年10月9日(水)~11日(金)10:00~18:00 ※最終日のみ17:00まで
【場所】 幕張メッセ 6ホール ブースNo:29-1
詳細は展示会ホームページをご覧下さい。
​https://www.agriexpo-tokyo.jp/ja-jp/about/agrinext.html


■inaho株式会社
HP:​https://inaho.co/

 

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索