福岡県が移住支援事業を開始 2人以上の世帯での移住で100万円の支援金
GLOCAL MISSION Times 編集部
2019/10/16 (水) - 07:00

福岡県では、首都圏をはじめ県外からの移住を促進するため、東京・有楽町に移住相談窓口「ふくおかよかとこ移住相談センター」を開設しており、移住相談への対応や移住セミナーを開催していた。

今回、福岡県と県内の関係市町では、移住・定住の促進及び県内中小企業等における人手不足の解消を図るため、東京圏から移住し、県内で就業又は創業する方に対し、移住支援金を支給する事業を実施することを発表した。


<対象者の概要>

10月10日以降に東京23区(在住者又は通勤者)から福岡県(※1)へ移住した方で、移住支援金対象の中小企業等の求人(※2)に応募し、新規就業された方、又は社会的事業分野で起業された方(※3)

(※1)移住先の市町:
北九州市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、古賀市、うきは市、芦屋町、桂川町、大刀洗町、香春町、大任町、福智町、みやこ町の7市7町に移住された方が対象となります。

(※2)対象となる中小企業等の求人:
県の成長産業分野に属する業種等が対象となります。
県が設置するマッチングサイト(10月21日オープン予定)に移住支援金の対象求人を掲載します。

(※3)社会的事業分野での起業:
地域活性化関連、まちづくりの推進、過疎地域等活性化などの地域課題の解決を目的として新たなに起業する方で、福岡よかとこ起業支援金の交付決定を受けている方が対象となります。

<移住支援金額>
○単身での移住の場合:60万円
○2人以上の世帯での移住の場合:100万円

191016_news_01


※詳しくは、以下のホームページをご確認ください。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/ijushienkin.html

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索