平安伸銅工業株式会社
収納用品からライフスタイルの創造へ。 「突っ張り棒」を進化させる家庭日用品メーカー
平安伸銅工業株式会社
ねじやくぎを使わずに簡単に収納空間を増やす。「突っ張り棒」は限られた住空間を効率的に使うための便利な道具だ。特に居住面積の小さい都市部の住宅、壁面をなるべく傷つけずに住むことが求められる賃貸住宅では重宝する。今ではすっかり暮らしに溶け込んだこの生活用品は、約40年前に発売され、利便性と機能性を高めながら用途を広げてきた。そして最近では自分らしい住まいをつくるためのインテリアの一部へと進化している。そんな突っ張り棒の開発を手がけてきた平安伸銅工業株式会社にスポットをあてた。
2017/09/04 (月) - 13:00

家を傷つけずに収納場所をつくるアイデアがヒット

heian-kogyo_co01

大阪市に本社を持つ平安伸銅工業は家庭日用品の企画開発を行うメーカーである。1952年に創業し、アルミサッシの製造からスタートした。その後、1975年に日用品に事業転換。主力製品である「突っ張り棒」を発売することになる。

突っ張り棒は、アメリカなどで使われるシャワーカーテンをつり下げるポールから着想を得て生まれた製品だ。それを収納用品に転用したのが同社である。壁や床、天井を傷つけずに収納場所を増やすアイデアはヒットし、ホームセンターやGMS(総合スーパー)の増加を背景に、トップクラスのシェアをとるようになる。

同社は突っ張り棒の機能を基に、突っ張り棚、ランドリーラック、物干しなど数々の製品を開発。それらは収納の増設や家事をサポートする便利な生活用品として定着した。そして現在、その機能は暮らしを彩るためのDIYパーツ、新しいライフスタイルを演出するためのインテリアパーツへと進化している。

時代とともに製品は移り変わっても、込める思いは変わらない。「アイデアと技術で暮らしを豊かにする」という創業時からの理念を貫き通す平安伸銅工業のチャレンジを追う。

skydisc_co_sup_photo

平安伸銅工業株式会社

家庭日用品の企画開発メーカー。1952年、大阪市でアルミサッシの製造から始まる。後に日用品に事業転換し、突っ張り棒を発売。ねじやくぎを使わずに収納空間をつくる機能が評価され、トップクラスのシェアをとるようになる。最近では突っ張り棒の機能を用いたデザイン性の高い新ブランド「LABRICO(ラブリコ)」「DRAW A LINE(ドローアライン)」を発売。「アイデアと技術で暮らしを豊かにする」を理念に、時代に合わせた製品の提供と暮らしの提案を行っている。

本社所在地
〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1-22-17 西船場辰巳ビル4階
創業
1952年
設立
1977年
従業員数
35名
資本金
4,900万円

1952年

笹井達二氏が大阪市の十三で創業。日本で初めてアルミサッシの量産に成功

1975年

アルミサッシ事業を三菱商事と古河アルミ(現・古河スカイ)に売却。日用品に事業を転換し、突っ張り棒を発売

1982年

岐阜物流倉庫を設立

1989年

笹井達二氏が勲五等瑞宝章を受章

1990年

笹井達二氏が紺綬褒章を受章

1995年

防災用の家具固定突っ張り棒をリリース

1996年

笹井達二氏が退任し、笹井康雄氏が社長就任

1998年

タイのサプライヤーと業務提携

2003年

香港平安有限公司を設立

2007年

中国のサプライヤーと業務提携

2015年

竹内香予子氏(創業者孫)が社長に就任。竹内氏が女性起業家ビジネスプラン発表会「LED関西」(近畿経産局主催)でファイナリストに選出される。さらに竹内氏がベンチャー企業成長応援プロジェクト「Booming!」(大阪府主催)で一軍に選抜される

機能性からデザイン性へと移行する、突っ張り棒の開発ステージ

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索