『ダンボルギーニ』を世に出した技術をつかって夢を形に!石巻で生まれた夢を世界に広げる仲間を募集!
Job
Offer
『ダンボルギーニ』を世に出した技術をつかって夢を形に!石巻で生まれた夢を世界に広げる仲間を募集!
今野梱包株式会社
GLOCAL MISSION Times 編集部
2017/11/01 (水) - 18:00

東北の次世代に誇れる仕事を!強化段ボールを中心とした東北最先端技術で展示什器やノベルティ等、あらゆるものを形にするビジネスモデルをつくるプロジェクトマネージャーを募集します。

[今野梱包株式会社のこれまでの事業]
■強化段ボールを導入し、地域に根付いてきた既成概念を突破してきた会社です。
弊社は、1973年に創業し、もともとは石巻の特定の製紙会社むけに木製パレットや木箱を扱う会社でしたが、三代目の現社長が木より軽く、省資源化につながる段ボールに将来性を見出しました。アメリカで開発された強化段ボールである「トライウォール」を東北ではじめて導入しました。その後、CADやレーザーカッターの技術を駆使して、梱包材にとらわれず、幅広い商品の開発に取り組んできました。

商品例)
・震災後、避難所に強化段ボールを活用した棚やテーブル等の家具を提供。
・マニアをうならせる段ボール銃。あまりにも精密なため、年間2,500丁の売上げを達成。
・段ボールを組み立ててつくる、クワガタ・カブトムシキット。年間6,900匹が子ども達の手に。
・社長があこがれ続けたスーパーカーをモデルにした『ダンボルギーニ』はSNSを中心に拡散され世界を驚かせた。

[一緒に育てて行きたい事業]
■圧倒的な再現性と、自由自在に表現できる商品を世界に広げて行きます。
・営業や販売に特化した販社を設立。
・販売戦略およびこれまでのコンテンツを活用したビジネスモデルの構築。
今後、この販社ではオーダーメイドの店舗用什器や大規模な展示会場での展示用什器の制作や販売を受注し、生産をのばして行きたいと考えています。会社の立ち上げをマネージメントし、首都圏のマーケット向けに販売戦略を一緒に立てていきたいと考えています。

面白さ:
他には類を見ないコンテンツを所有していることを活かし、知名度もある程度あることから商品開発も販売も 増大させていける可能性が大きくあります。

募集要項

この仕事のやりがい

特色としては『東北地区に同様の取り組みを行っている企業はひじょうに珍しい』ということが言えます。取扱い資材のメインは強化ダンボールであり、主に重量物梱包および海外輸出用資材として利用していただいております。リサイクル性に優れた環境資材としても注目を集めており、製造業をはじめとしたヘビーユーザーから一般家庭用途まで幅広く対応しています。

デザイン、設計から一貫して承り、お客様の一つのご要望にロット一個からのサービスを展開していることも特色の一つであり、現在は梱包用途に限らず強化ダンボール製の遊具や小道具、災害対策品のカテゴリーまで多彩な商品開発、モノづくりを行っています。

提案できるアイテムや製造できる商品は無限にあります。近年では「ダンボルギーニ」が世に出て知名度も格段に向上しました。だからこそチャンスは多くあると思っています。ぜひこのチャンスを最大限活かしていける人材と巡り合いたいです。

私たちのビジョンとミッション

まずは、現在扱っているアイテムの拡販と販売チャンネルを増やすこと、そして通常に取り扱っていただける販売店を探していきます。また、展示会用、または商店やイベントの商品用展示用什器やブース製作も進めていきます。都市部への売り込みも必須と考えています。

東北でも希にみる大型のフラットベット型のプリンターを有していることから、POPなどの出力物にも力を入れていきます。他ではできない、またこの東北に工場があるが故のメリットを最大限活かしていけると自負しています。

代表者からのメッセージ

今野梱包株式会社 今野氏

今野梱包株式会社
代表取締役社長

今野 英樹

地域を想う気持ちも、地域に行きる若者への気持ちも非常に強く、だからこそ「おもしろい」をとても大切にしています。そこが原点となり「ダンボルギーニ」は生まれました。

中小企業の弱点は「ブランドを持てていないこと」と定義すれば、我々の業種は将来的な発展は無いと考えてきました。しかし、弊社が今まで培ってきた技術や取り組みは必ずや多くの人に受け入れられ、やがてブランドになるものと信じてやみません。

一方で、現状は販売戦略が明確に描けていない状況でもあり、自分の片腕となって手腕を発揮してくれる方との出会いを強く望んでおります。

[プロフィール]
今野梱包株式会社 代表取締役社長 1972年7月5日生まれ。宮城県立石巻高等学校を卒業後大学に行くことに疑問を抱き仙台市の経営専門学校へ。卒業後仙台市内の自動車ディーラーに就職。尊敬していた祖父の他界を機に地元に戻り、平成6年に祖父の興した自社に入社。平成22年2月に代表就任

一緒に働くメンバーからのメッセージ

今野梱包株式会社 熊坂氏

今野梱包株式会社
クリエイティブアシスタント

熊坂 剛志

ほかには無いコンテンツを有し、おもしろい取り組みを次々と企画して生み出しています。お客様のご要望を可能な限り具現化して最適な方法でご提案できるよう日々模索しながらもモノづくりの楽しさを実感しています。

まちの魅力や特徴

今野梱包株式会社

[特色・雰囲気]

石巻ってどんなところ?
・三陸海岸の最南端に位置する漁港の街です。震災前、石巻漁港は全国2位の水揚げ量を誇っていました。
・ところが、東日本大震災時は震源に一番近い街であったため、津波により甚大な被害を受けました。
・一方で、復興のために役に立ちたいと、震災後、のべ30万人以上のボランティアが駆けつけた地域でもあります。その後、ボランティアをきっけとした移住者が定着し、全国でも先進的なソーシャルビジネスがたくさん生まれた街でもあります。津波で被害をうけた事業者も、震災前とは別の方法で事業を拡大することを考え、新しいネットワークやさまざまな先進的な取り組みが生まれています。世代や事業規模の大小を問わず革新的なベンチャーマインドをもった経営者がたくさん活動している街だといえます。

[住環境]

最近では、手頃な賃貸物件も増えています。コーディネートを担当している巻組では移住者向けのシェアハウス等を用意しています。ワンルームの家賃相場は5万円前後が一般的です。

[まちを知ることの出来るサイト]

■Makizine
http://makizine.com/
■海街さんぽ
https://www.umimachi-sanpo.com/
■石巻を選ぶ
http://ishinomaki-iju.com/

担当コーディネーターからの推薦ポイント

佐藤氏

合同会社巻組
コーディネーター

佐藤 優花

石巻には心の動くままに自分の生き方をたのしむローカルベンチャーがたくさんいます。この街で若者達の熱気にふれて自分なりの人生を取り戻しましょう!

今野梱包株式会社

今野梱包株式会社

設立
1973/4/17
代表者名
今野 英樹
従業員数
18名(内正社員16名)
資本金
2600万円
売上高
300,000,000円(2016年度)
事業内容
木製パレット・木箱の製造販売
製材品の製造販売
梱包・包装資材・一般段ボール・紙器の販売
トライウォールの加工・販売
梱包設計と技術コンサルタントおよびサービス
段ボール・紙を使用した家具類・造形物の制作および販売
レーザー加工
各種ノベルティ商品の企画・製造・販売
業種
製造業
WEB
http://www.k-konpo.co.jp/
住所
宮城県石巻市桃生町太田字袖澤52番地4

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索