日本カノマックス株式会社
流体と粒子を計測するコア技術で あらゆる産業分野にソリューションを展開する精密計測機器メーカー
日本カノマックス株式会社
目に見えないものを測る技術。日本カノマックス株式会社はそんな技術を応用した製品とソリューションを提供するメーカーである。風や空気、水などの「流体」と、目に見えない「粒子」を計測する事業に特化し、流体計測機器の総合メーカーとしては国内唯一の存在だ。計測対象は流体と粒子だが、ソリューションを提供する分野は問わない。身近な暮らしから最先端の研究まで、同社の技術は実に幅広い場面で求められている。
2017/06/26 (月) - 17:00

日本初の風速計を開発。
「風速計の代名詞」といわれる製品は国内トップシェア(※)

サムネイル

日本カノマックスは大阪府吹田市に本社を持つ精密計測機器メーカー。1934年に「加野研究所」として創業し、約80年の歴史がある。大阪本社を基点にアメリカ、中国にもグループ企業を有し、グローバルに事業を展開する企業である。

創業者が開発した日本初の風速計「アネモマスター風速計」と、さらに機能性を高めた「クリモマスター風速計」はいまや風速計の代名詞とまでいわれ、国内トップシェアを誇る。また、風速計のみならず、粉じん計、騒音・振動計、パーティクルカウンター(微粒子測定器)、流体研究計測機器など製品のラインアップは多岐にわたる。

しかし、元をたどれば同社の技術は流体と粒子を計測することに尽きる。風、空気、水などの流れと物質に含まれる微粒子を多様な視点で計測し、その結果を自動車、半導体、製薬・バイオ、食品、鉄鋼、医療、建築などあらゆる分野に役立てている。

80年の歴史の中で培ったコア技術を磨き、精密計測機器の中でもニッチな役割に徹しながら、国内はもちろんグローバルにも飛躍する同社の魅力を見てみよう。

※日本カノマックス株式会社公式サイトより

サムネイル

日本カノマックス株式会社

気流や水流などの流れ(Fluid)と目に見えない微粒子(Particle)を精密に計測する技術を応用した製品やサービスで、最良の計測ソリューションを提供。環境、健康、エネルギーなどサスティナブル(持続可能な)社会に欠かせない分野をはじめ、自動車、航空宇宙、半導体、電子機器製造、重工業、鉄鋼、造船、製薬・バイオ、食品加工、医療、建築・土木など、あらゆる産業分野を対象としている。

本社住所
〒565-0805 大阪府吹田市清水2-1
創業
1934年3月(加野研究所として創業)
設立
1951年6月
資本金
97,500,000円
従業員数
144名(2016年6月現在)

1934年

加野五郎氏が、大阪市において「加野研究所」を創立。主として、京都大学各教室から委託を受け、研究用特殊精密電気計測装置の研究・製作を開始

1947年

アネモマスター風速計を開発

1951年

「加野研究所」を母体とし、精密電気計測装置の研究・開発・製造・販売を目的とした「日本科学工業株式会社」を設立。アネモマスター風速計などの量産体制を確立

1962年

気流計測分野にてアネモマスター風速計の品質が評価され、市場占有率第1位に成長

1966年

大阪府吹田市に移転

1972年

大気汚染公害などの環境測定器分野における高温用アネモマスター風速計およびピエゾバランス粉じん計の研究・開発に対し、通産局より技術改善費補助金を授与される

1973年

中小企業研究センター賞を受賞。全国で6社のみの受賞

1984年

営業部門を独立させ、「日本カノマックス株式会社」を設立

1985年

新技術開発事業団による開発委託で、日本初の2次元FLVを開発

1986年

日本初のクリーンルーム用CNCを開発

1988年

風速・温度・湿度の同時測定を可能にした、新製品クリモマスター風速計を発売

1990年

乾電池での測定を可能とした日本初のポータブルタイプのレーザーパーティクルカウンターを発売

1994年

ビル管理法に定められている空気環境測定の6項目(気流・浮遊粉じん・温度・湿度・CO濃度・CO2濃度)を1台で同時測定可能なオートビルセットを発売

1997年

風速計の代表機種を軽量化したアネモマスター風速計6112を発売

1998年

製造・販売・サービスを一体化させた「日本カノマックス株式会社」が始動

2001年

新型クリモマスター風速計を発売

2002年

NASA(米国航空宇宙局)にクリーンルームモニタリングシステムを納入。ハッブル望遠鏡のパーツ製作・組み立て用クリーンルームの清浄度監視に貢献

2004年

米国のAIRFLOW子会社を買収し、改組して新たにKANOMAX USA, INC.事務所を設立(ニュージャージー州)
グローバル経営統括機能を分離独立させ、KANOMAX HOLDINGS, INC.設立(ニューヨーク州)

2010年

中国の新工場が稼働開始

2012年

MSI.TOKYO株式会社(本社:東京)を買収し、カノマックスグループ子会社化
世界最小・最軽量のポータブル粒径分布測定器のPAMSを開発

2013年

世界最小・最軽量(発売当時)のポータブルパーティクルカウンター Model 3905を発売

2014年

高速応答性パーティクルカウンター ミキシングCPC Model 3650を発売
キャプチャーフード風量計 Model 6710を発売
新モデルとなるIAQモニター Model 2212を発売

2015年

小型風量計 TABmaster mini Model 6750を発売
ファシリティモニタリングプラットフォームのe-Scanを発売
米国Fluid Measurement Technologies社を買収し、Kanomax FMT, Inc.として子会社化
販売・サービス機能強化を目的に、加野儀器(上海)有限公司を設立
ナノサンプラーII Model 3182を発売

2016年

Aerosol Devices Inc.社エアロゾル捕集装置の取り扱いを開始
世界最小・最軽量ポータブル粒径分布測定器 PAMS Model 3310を発売
レーザドップラ流速計 Smart LDV IIIを発売
室内空気環境測定器 オートビルセットIII Model 2100を発売

人の健康から地球環境まで。計測技術を通じて社会に貢献する誇り

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索