5096_main.jpg
第二新卒の部下が入ってきたら気を付けるべきこと
渡部 幸
2019/01/03 (木) - 08:00

売り手市場で人手不足の現在、あなたの職場にも20代前半の第二新卒者が今後増えることが予想されます。今回は上司として新卒者や長年社会人経験のある転職者とどのように違うのか、対応に気を付けるべき点について解説します。

1.まず最初にヒアリングしよう

まず最初に行いたいことは、その部下の社会人経験がどの位の期間で、何を今まで身につけてきたのか、ヒアリングし、確認することです。最初からその職場で必要な技術をいきなり教えるのではなく、時間をとって、本人のスキルや現状を把握するようにしましょう。

第二新卒といっても、数カ月の研修期間で辞めたのか、3年程度前職である程度の仕事の進め方を経験しているのかで大きく対応や教育する内容が違ってきます。また、違う業種や職種からの転職であっても「組織の中で円滑に連絡相談するコミュニケーションの力はありそうだ」「指示に対して計画実行チェック改善のPDCAを回した経験は結構ありそうだ」「客先に対して失礼のないマナーや訪問の仕方などの経験は大丈夫のようだ」など、どの職場でも求められるスキルをもっていることもあります。本人からまずどのような仕事の仕方をしてきたのか聞いておくと、教える必要があることとそうでないことの判断や、役割を任せるかどうかの判断に役立ちます。

その際「どんな仕事してきたの?」というような漠然とした聞き方だと詳しい状況がわからない可能性がありますので「いままでの仕事で身についたことはどんなことだと思うか、どのように仕事をしてきたのか、今後の参考にしたいから具体的に聞かせてくれる?」というように詳しく聞き出しましょう。

2.転職した理由を聞く

2つ目は「なぜこの会社に転職しようと思ったのか」をじっくり聞くことです。第二新卒というのは、新卒と違い、いわば一度短い期間で挫折し、最初の就職がうまくいかなかった、という失敗を味わってきた人たちも多く、何かしら心の中で思っていることがあるでしょう。その部分を自分ではどのように捉えているのか、合わせてヒアリングするようにします。

新卒のときの就職活動でもともと志望していた仕事に就くことができず働き始めたものの、「やっぱりやりたいことに転職しよう」といまの仕事に変わった、という意欲的な人もいるかもしれませんし、「以前の職場では残業が多くて体調を崩してしまった」「仕事が思っていたよりも難しく、正直ついていけなかった」「人間関係が上手くいかなかった」など以前の職場を辞めたいと考えて次を探した、という人もいます。どのような思いで転職してきたのか、この仕事をどう考えているのか質問しながら探りましょう。

ただし、転職してきたばかりですから、「〇〇がしたいと思った、と前向きな理由を言ったほうがいい」と思っていたり、たてまえを言う人もいるかもしれません。できるだけ、会議室でヒアリングするだけではなく、一緒にお昼ご飯を食べる時間をつくったり、実際に仕事を教える先輩のスタッフからもそれとなく聞いてみる、など本人の状況をよく観察してみてください。

できる限り現状を把握しておくと、新人とどう向き合うか、どのように教育するかという対策が立てやすくなります。

3.可能ならメンターをつける

3つめは「可能であればメンターをつける」ということです。社会人経験がない新卒者と違って、ある程度組織で働くということが分かっており、自分の待遇や職場の環境に新卒者よりも思うところ、感じるところがある人たちなので、可能であれば2,3年先輩の相談できる相手をメンターとして3カ月くらいそばにつけることをおすすめします。

上司に対してよりも、少し上の先輩のほうが不安なことを相談したり、質問したいことを聞いたりしやすいでしょう。つける人は転職経験がない先輩でも構いませんが、もしメンターが同じような転職組で、ある程度キャリアを積んできた人であれば「今後自分はこういうふうに仕事の経験を積んでいけばいいのだな。この会社ではこういうキャリアの進め方があるんだな」と目指すモデルにもなります。一度短期間で挫折を味わった人たちなので、相談できる環境があると精神的にも安定し、定着が進みやすいでしょう。

まとめ

一般的に職場では、第二新卒の入社者を「新卒の人たちと違って社会人経験があるからすぐ仕事に取り組めるだろう」と即戦力として扱いがちです。しかし、2年~3年の仕事経験がある人と1年以内の短期間で退職した人とでは状況が異なります。前職経験が短い第二新卒者については、ある程度長い目で見てじっくり育てていくことが必要だということを理解し、対応していくことをおすすめします。

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索