main
石巻の小さな会社が拓く、不動産賃貸の新しい可能性。(前編)
合同会社 巻組(まきぐみ)
GLOCAL MISSION Times 編集部
2018/04/09 (月) - 08:00

宮城県石巻市に、クリエイターやアーティストが集まる人気のシェアハウスがある。使っている建物は、東日本大震災で被災した空き家。提供しているのは、埼玉出身の渡邊享子さんが立ち上げた社員5名の合同会社「巻組(まきぐみ)」だ。「石巻に来るまで、都会で普通に就職するつもりだった」という渡邊さんに起業の経緯や、被災地で気づいた「地方で働く喜び」などを伺ってみた。

まちの担い手を育てるためには、住む場所が必要。増え続ける空き家に着目

―まずは、空き家をリノベーションしてシェアハウスを提供するという事業を始めたきっかけについて教えてください

東日本大震災で大きな被害を受けた石巻には、震災後、1年間にのべ28万人ものボランティアが集まってくれました。石巻市の人口は、震災前で16万人ですから、人口の2倍近くの若い人たちが「役に立ちたい」と石巻に来てくれたんですね。その中には、翌年以降も石巻に残って活動したいという人もたくさんいたんです。ところが被災当時は、地元の住民ですら家がない状況。ボランティアさんたちが住まいを取得して、何かを始めるのは、非常に難しい状況でした。しかし地域経済を支えていく担い手がいないなかで、若い人たちが来ているというのはチャンスだし、もったいないなと思っていたんです。何か自分ができることはないかな?と考えた時に、思いついたのが、空き家のリノベーションでした。私はもともと大学院で都市計画を専攻しており、全国で空き家をリノベーションしながら移住者を集めている事例があることを知っていましたから。

11
合同会社巻組 代表 渡邊 享子さん

―石巻には空き家が多かったのですね?

石巻を調査してみると、被災していたり、店は開いているけれど上の住まいが空いているという物件がなんとか使えることがわかったんです。しかも復興公営住宅や新しい住まいが充実してくると、空き家はますます増えていきました。今の不動産事情では、新しいものをどんどん建てていく一方で、古いものは使わない傾向にありますからね。また時間の経過とともに、どんどん人も減っていました。まちを持続させていくためには、担い手を育てる事業と、住む場所を提供していくという両輪の事業が必要。そう考えて、2013年から、空き家をリノベーションして、若者向けのシェアハウスとして提供する取り組みを始めたんです。

02

―先ほど一緒に物件を見に行かせてもらいましたが、決して条件的には恵まれていませんよね?

そうなんです。一般的には、立地が良くて、きれいで、簡単に不動産契約ができるような物件が好まれますが、私たちが使っている物件はすごく立地が悪かったり、築20年以上の木造だったりします。そういう、どうしても余っていきがちな空き家の価値をもう一度見出して、新たな活動の舞台にしていくことがすごく重要だと思っていまして。例えば石巻には、ダンボールで事業を始めようとか、創作こけしを作ったりとか、アーティスト的な若者たち、クリエイティブな若者たちがすごく多いんです。そういう人たちにこの場所を繋げていけたらなと考えました。

―どういう方がシェアハウスを利用していらっしゃるんですか?

起業家やクリエイター、アーティスト、外国人も多いですね。そういう人たちって、現在の日本の不動産システムの中ではなかなか普通に不動産を借りるのが難しい人たちなんです。でも私たちのモデルは、大家さんから賃貸物件を借り上げてシェアハウスにしていくので、今まで借りづらかった人たちにとってもすごくニーズがある仕組みだと思っています。

02.jpg
巻組が手掛けたリノベーション物件
03.jpg

できないことは、みんなで解決する。空き家の使い方も、家主と借り手が一緒に考える

―事業を進める中で、現在の不動産業界が抱える課題も感じますか?

古い木造物件になると、大家さんも高齢化していますし、税制上だと耐用年数が切れていることも多いんです。そういう物件に対して銀行が融資して、大家さんがそこを直して賃貸経営をするということが、そもそも難しいんですよ。その一方で、人口は減り続けています。今までのように新しい家をどんどん作っていくやり方には限界がある。だからこれからは既存のストックを良質な賃貸にしていくことが必要だと感じています。そこで私たちがめざしているのは、アイデアで環境を変えていくことであり、もう1つは不動産をシェア型で使っていくということなんです。このシェア型の構造が今の空き家問題を解決するポイントになるんじゃないかと考えていて。例えば、「オモシロ不動産大作戦」というワークショップを定期的に開いているんですよ。借り手が決まらない不動産を大家さんに持ってきてもらって、借り手の人と一緒に、物件の使い方を作戦会議することによって、流通させる取り組みです。ここに持ってきてくれると、必ず決まるんです。参加者も多くて、毎回、30人ほどが来てくれます。

これまでの不動産って、立地と間取りと家賃という3つの条件でしか、まず判断しないわけですよね。そうじゃなくて、そこで何を起こすかということを話し合う仕組みが重要だと思うんです。私たちがやっていきたいのは、オーナーと借主が一緒に新しい目的に向かっていく関係性に変えていくこと。それがこれからの不動産には大事な価値観だと思っています。

06.jpg
「オモシロ不動産大作戦」ワークショップ風景

―地元の人の反応は?

最初は、よくわからないよそ者が、勝手にそんなところを使って空き家を直している、という印象だったと思います。でも最近は不動産業者さんや、銀行さんもよく声をかけてくださるようになりました。特に、限られたパイの中で開拓をしなければならない地方の銀行にとっては、私たちのような隙間ビジネスや新規事業は重要になってくるんだと思います。また不動産屋さんにしても、賃貸経営はリスクが高いんですよ。どうしても残っていく物件がありますから。そこをなんとか流通させていこうという私たちの取り組みを評価していただいているのだと思います。

06
オフィスにさり気なく飾られた数々の表彰状やトロフィーが、事業の将来性と社会への影響力を物語っている

東京から、石巻へ。地方が「役割」と、圧倒的な自己肯定感を与えてくれた

―もともとは埼玉のご出身だとか。石巻に根付いた経緯は?

震災当時は、東京で学生をしていました。旅行が好きで、いろんなまちへ出かけていたんですよ。あるときヨーロッパに行くと、街並みがすごくきれいに区画されていて、みんなが街を大事にしながら暮らしているのを感じました。ところが私は、埼玉を「すごくつまんないなぁ」と思っている。なぜだろう?と。それで、まちづくりに関われる人になりたいと思い、大学院に進んで、都市計画を専攻したんです。ところが周りは、学校名を冠にして安定した会社に就職できればいい、という考えが大多数。正直最初は戸惑いましたが、しだいに私も同化していきました。普通に大きな会社に就職できればいいなと…。本音では、もっと研究したり、地域の現場に入って、担い手として関われたらなという気持ちもあったんですが、一方でハードルの高さも感じていて。震災が起きたのは、ちょうどそんなときでした。実は震災した日も、就職活動中だったんです。新宿のビル街にいて、「明日も就活の試験だなぁ」とぼんやり考えていたときに被災して、帰宅難民になって…。でも予定されていた就職活動の試験が中止になって、考える時間ができたんです。ニュースで被災地の悲惨な状況をずっと見ているうちに、すごくモヤモヤしてきて、自分にも何かできないかな?と思うようになって。その後、たまたまご縁があって、都市計画の研究室のメンバーと一緒に、石巻に来ることになったんです。それが2011年の5月でした。

―初めて訪れた石巻の印象は?

「行政は頼りにならないから、自分たちでなんとかしなきゃ」と頑張っている人たちの姿がすごく印象的でした。東京で学生をしている時って、みんな受動的で、レールに乗ろうとか、なんとか大きな組織の中に甘んじよう、という空気ばかりを感じていたんです。そんななかで、「助けを待っていてもしょうがないから、みんなで頑張ろう」という石巻の人たちの姿を見て、心を動かされました。しかもこの辺りの商店や中小企業の社長さんって、代々継いできた、三代目、四代目という方が多いんです。受け継いできた土地も、店も、会社も、工場もすべてゼロにリセットされてしまったわけですよ。なのに一人ひとりが、そこからまた立ち上げようという起業家マインドに溢れていて、その雰囲気がとても心地良かった。「この流れのなかに一緒にいたい」「自分にも何かできないか」という沸き上がる思いが、石巻への滞在を強く後押ししてくれました。

―つまり渡邊さんは、明確な目的があって石巻にこられたわけではない、と。でもそれは、都心で働きながらどこか燻っているビジネスパーソンにとっては、等身大で勇気を与えられるものなのかもしれません。

そうだとうれしいです。当時の私は本当に、何か特別なスキルがあるとか、すごく強い想いがある、というわけではありませんでした。けれど、地方に、役割が与えられていくんですよ。東京で学生をしていた頃は、世間にいくらでもいるような存在でした。そうすると自己肯定感が少なくなって、「別に私じゃなくても、もっと出来る人がいるし」と思ってしまう。他人からしても「あなたじゃなくてもいいし」という感じじゃないですか。でも地方は、コミュニティの規模が小さかったり、若い人もだんだんいなくなっていくなかで、都会よりも役割があるんです。震災直後って、その最たるところ。なんでもいいから人手が欲しいという環境の中にいると、圧倒的な自己肯定感があるんですよ。ここにいると役割が与えられるし、「自分にもやれることがあるんだ」と思える。だからこそ、空いている役割に自ら率先して手を挙げようと思えるし、それが私にとっての起業だったんです。それまでも「地方に住んでみなよ」「やってみなよ」と言われていたはずなんですけどね。冗談にしか聞こえていなかった。でも石巻に来た時に、他人事ではなく、自分事になったんです。

―そのきっかけは何だったのでしょう?

やっぱり地元の人とのふれあいが大きかったと思います。料亭の宴会場とか、店の一角とか、いろんな場所に泊めてもらって、地元の人には本当に良くしていただきました。商店街の方や、おじいちゃん、おばあちゃんとのふれあいは心地良かったし、自分のいる意味を見出せたというか。若い人がいるというだけで、すごく喜んでくれましたから。特にかわいがってくれたのは、商店街の呉服屋さん。きっかけは掃除やゴミ捨てといったちょっとしたお手伝いだったんですが、私のことを「娘」だと言ってくれて。そういうふれあいが、今の事業の原体験になっているような気がします。

01.jpg
商店街の呉服屋さんとの一枚。向かって左が渡邊さん

ベンチャーの組織作りには、リスクや危機感を共有できる仲間が必要

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索