freee と百戦錬磨が提携、民泊開業のための手続きをサポートする「民泊開業 freee」提供開始
GLOCAL MISSION Times 編集部
2018/03/13 (火) - 07:00

freee は、民泊予約サイト運営の株式会社百戦錬磨(以下、百戦錬磨)との業務提携を開始し、新たに民泊事業を始める方向けに新サービス「民泊開業 freee」を3月15日より提供開始する。「民泊開業 freee」は、2018年3月15日より始まる住宅宿泊事業の届出手続きから、個人事業主としての開業手続き書類の作成、百戦錬磨が運営する「STAY JAPAN」へのホスト登録までを一気通貫でサポートするサービスとなっている。

180313_news_01

世界各国で民泊サービスが急速に拡大する中、訪日外国人観光客の増加や宿不足、少子高齢化社会を背景に増加している空き家の有効活用など、地域活性化の観点から民泊への関心が高まっている。

住宅宿泊事業法(民泊新法)が成立し、2018年6月15日より施行開始となり、3月15日からは住宅宿泊事業の事前届出も開始し、今後は要件を満たし、届出を行うことで誰でも民泊を始められるようになる。(一部地域によって条例は異なる。)しかしその一方で、地域住民等とのトラブルや住宅地域の公衆衛生の確保など、新たな課題も生まれてきている。

「民泊開業 freee」の利用により、必要な手続きや書類の作成を一気通貫でサポートされることにより、民泊事業にチャレンジする不安や悩みを抱えることなく、事業主は健全な民泊サービスの質の向上に集中できるようになる。

freee は「民泊開業 freee」のさらなる利便性向上を目指し、今後も民泊サイトや民泊ホスト向けサービスとの連携を検討していくという。


<「民泊開業 freee」概要>

・提供開始日:2018年3月15日
・利用料金:無料
・利用方法:以下サービスサイトからアカウントを開設後、利用可能
・サービスLP:https://www.freee.co.jp/vacation-rentals
・サービスページ:https://k.secure.freee.co.jp/vr/ (※2018年3月15日より利用可能)
・対応手続き
住宅宿泊事業の届出手続き(※1)
個人事業主としての開業手続き書類の作成(※2)
民泊予約サイト「STAY JAPAN」へのホスト登録(※3)
事業用口座としてジャパンネット銀行の口座開設のお申し込み
事業用クレジットカード「freee カード」へのお申し込み
「freee 開業応援パック」への申し込み

(※1)行政が提供する「民泊制度運営システム」へのリンクを設置し、リンク先から書類の作成が可能です。(今後「民泊開業 freee」上での書類作成機能の提供も検討してまいります。)
(※2)開業・廃業等届出書、青色申告承認申請書、青色事業専従者給与に関する届出書、給与支払事務所等の開設届出、源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書の作成に対応
(※3)「STAY JAPAN」登録ページへのリンクを設置、リンク先からお手続きが可能です。

参考:
STAY JAPAN
https://stayjapan.com/

GLOCAL MISSION Times 編集部

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索