岩手県松尾八幡平地域で地熱発電所が本格運転開始
GLOCAL MISSION Times 編集部
2019/01/30 (水) - 07:00

岩手地熱株式会社※1(以下、「岩手地熱」)は、岩手県松尾八幡平地域において、2019年1月29日より地熱発電所の本格運転を開始した。出力7,000kWを超える発電所の稼動は国内では22年ぶりとなる。

190130_news_01

岩手地熱は、2011年10月に松尾八幡平地域における地熱開発を目的に設立され、2013年から構造試錐井の掘削を進めており、2017年に事業化を決定し、同年4月より発電所の建設を進めていた。

本プロジェクトは再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を活用し、発電した電力は東北電力株式会社へ売電し、アーバンエナジー株式会社※2が特定卸供給先となっている。

また、本プロジェクトは、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構から助成金や出資を受け、債務保証対象事業として採択された国内初の案件になっている。

岩手地熱と出資各社は、松尾八幡平地域における地熱発電所の安定稼動を通じて、再生可能エネルギーの活用拡大に貢献していくという。

【発電所の概要】
発電所名称:松尾八幡平地熱発電所
発電所所在地:岩手県八幡平市大字松尾寄木字赤川山1番1
定格出力:7,499kW


※1:岩手地熱株式会社の構成会社と出資比率(2019年1月現在)
日本重化学工業株式会社:14.959%
地熱エンジニアリング株式会社:14.956%
JFEエンジニアリング株式会社:29.913%
三井石油開発株式会社:29.913%
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構:10.258%

※2:JFEエンジニアリング株式会社の100%子会社

 

 

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索