自然の恵みを使った機能性食品を通じ、世界の人々を笑顔に!ともに未来を見つめ、情熱を傾けてくれる仲間を求む

自然の恵みを使った機能性食品を通じ、世界の人々を笑顔に!ともに未来を見つめ、情熱を傾けてくれる仲間を求む
Job
Offer
自然の恵みを使った機能性食品を通じ、世界の人々を笑顔に!ともに未来を見つめ、情熱を傾けてくれる仲間を求む
株式会社アミノアップ化学
「自然の恵みで世界の人々を笑顔にする」という理念を掲げ、昭和59年に設立された株式会社アミノアップ化学。キノコ由来の菌糸体から抽出した植物育成調整剤「アミノアップ」を事業化して以来、そこで培った長期培養技術を基にした免疫調節物質の補助食品「AHCC」や、独自の技術で低分子化し吸収性を高めたライチ由来のポリフェノール「オリゴノール」等、天然由来素材を活用した機能性の高い健康食品を開発。海外マーケットを視野に入れ、事業展開を行う道内屈指の化学メーカーです。そんな株式会社アミノアップ化学の役員および社員の4名にこれまでの軌跡や今後のビジョンについて伺いました。
GLOCAL MISSION Times 編集部
2017/09/20 (水) - 07:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

■株式会社アミノアップ化学の募集要項はこちら
①企画営業職:新たな営業展開を国内外に仕掛け、更なる事業成長を通じ、世界の人々を笑顔に!
②研究開発職:天然物由来の機能性食品素材の研究開発を通じ、世界の人々を笑顔に!

設立以来、天然由来素材を活用した機能性素材を開発

2017年6月で34期に入ったアミノアップ化学は、代表取締役会長の小砂が設立した会社です。小砂は会社設立以前から農業コンサルタントをしながら担子菌(キノコ)の発酵培養による飼料の研究をしていました。研究過程で培養液を廃棄した場所のみで牧草が異常に繁殖したことがきっかけとなり、担子菌培養液から植物の生育を調整する物質を発見しました。それを製品化したのが当社の最初の製品「アミノアップ」で、社名の由来にもなっています。
さらに担子菌(キノコ)の発酵培養によるヒト用サプリメントの開発に取り組み、担子菌由来の免疫調整培養抽出物「AHCC」が誕生しました。その後は、健康食品の研究・開発が中心となっています。
新素材開発にあたっては、北海道産の農産物を原料とすることが基本的なスタンスです。例えば、最新製品となる「ETAS」は北海道産のアスパラガスの抽出物。アスパラガスは出荷時に長さを切り揃えます。その際に切り落とされた部分は食用であっても利用されずに廃棄されていました。私たちはこの「農産未利用部位」を原料として有効活用し、製品化しています。

aminoup_01

企業理念は、社会貢献と地域還元。製品価値を世界へ広めていく

当社の理念には、農産者や農産関係者の地位向上、環境改善など北海道の農業に貢献したいという強い思いがあります。また、音楽祭や映画祭など文化イベントにスポンサーとして継続的に支援をするように、利益は地域に還元するという思想が根づいています。
このような理念のもと、「自然の恵みで世界の人々を笑顔にする」ことをミッションとして定め、「世界中で愛用される製品をつくる」「社会から必要とされる製品・価値を創造し続ける」「社員が幸福を感じ、誇りを持てる会社となる」の3つの経営ビジョンを掲げています。30期を迎えた時に、研究開発主導型企業として今後も継続していくとともに、現状からさらに一歩踏み出し、世界に広めていく決意を新たにし、このミッション・ビジョンを設定しました。

藤井社長IVカット

科学的データを蓄積させる仕組みを構築し、製品価値を継続

主力製品となる「AHCC」をはじめとする製品は、必ず特許製品であることが基本的なポリシーです。一般に特許の存続期間は20年となるため、空白期間ができないよう新規性を追加して新たな特許を取得しています。研究の積み重ねによりエビデンスが付加価値として加味され、製品価値を継続させる。これが当社のビジネスモデルです。
AHCCの国内での販売チャネルは主として病院、薬局です。現場の医師、薬剤師のみなさまに有効性を理解いただき、患者さんに推奨してもらえる製品づくりを目指してきました。具体的には、医師や研究者にサンプルを提供し、実際に使ってもらうことで製品の特性を理解いただき、臨床試験や論文執筆、学会発表などに結びつけていく。このような方法で製品の信頼性を高めることが当社の広報活動であり、医師や研究者の科学的データに基づき、販売展開をしていく手法をとってきました。

持続的成長とミッションの実現に向けて、海外市場の拡大を目指す

国内の機能性表示食品の市場規模は、近年横ばいの傾向にあります。拡大基調のようにみえますが、実際は広告の影響力によるところが大きく、広告を大きく打つ商品が市場全体の中で売上のシェアを伸ばしている状況です。人口減少社会を踏まえると、いずれ国内市場はシュリンクするのではないかと考えています。このような状況で、新たな市場を開拓し、会社として持続的成長を目指すには、今後海外市場に注力する必要があります。
当社は約20年前からアメリカに参入し、現在は主要な取引先国となっていますが、まだ開拓の余地があるほどアメリカの市場規模は大きく、ミッションを達成するためにも海外市場の拡大が喫緊の課題です。
しかしながら、国ごとに市場性やレギュレーションが異なり、そこに踏み込んでいかないと新たな市場は開拓できません。素材の特性や使い方などを説明し、価格を含めたブランド価値を私たちが自ら伝える。このような営業手法を海外で実践していくには、かなりの時間と労力を要します。
同時に、eコマースやWebマーケティングなど消費者にダイレクトにアプローチする新たなビジネスモデルで海外展開を加速させることも視野に入れ、模索している状況にあります。

国内市場は消費者ニーズを把握するマーケティングに注力していく

国内市場に目を向けると、医師や研究者が学会発表や論文執筆を行い、それをプレスリリースすることなどが当社にとっての主要な広報PR活動でした。数年前までは新聞や雑誌等に掲載されると消費者から反響があったのですが、今や様相が一変しています。今後は消費者ニーズを私たち自身が把握し、消費者にダイレクトに届くプロモーションを行う必要があると考えています。
これまで私たちがとってきたビジネスモデルは、時間や労力を必要としながらも、「王道」として今後も継続していきます。同時に、新たな展開に取り組み、さらなる成長を目指すために、一緒に私たちのビジョンに向かって仕事ができる人を求めています。
私のアミノアップでのキャリアは製造部からスタートしました。その後R&Dに異動し、会社の素材開発をテーマに学位を取得することができました。更には新プラント設計・立ち上げ、海外展開まで携わるという研究出身としては充実した経験ができました。基礎研究から開発、共同研究、製造、販売までダイナミックに関わることができるのはアミノアップの大きな魅力の一つだと思います。
国内外のビジネスを一層推し進める変革の時期を迎えた今、研究開発も含め新しい人材を迎え入れることにより、今後も北海道のブランド力を強みに、世界に向けて発信できる付加価値の高い機能性健康食品の研究・開発に取り組んでいきたいと思います。

藤井社長

株式会社アミノアップ化学 代表取締役社長

藤井 創さん

北海道出身。 人工心臓の開発を夢見て京都大学工学部へ。 旭硝子で医薬品原体の開発に従事。 1997年に北海道へUターン、研究者として株式会社アミノアップ化学に入社。 2012年より現職。

札幌から世界に通じるビジネスを加速させる

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

GLOCAL MISSION Times 編集部

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索