8231_main.jpg
東京の第一線で活躍していたエンジニアが、最後のキャリアに長野を選んだ理由
(株)くらしさ 長谷川 浩史&梨紗
2019/10/07 (月) - 08:00

半導体産業の第一線で活躍してきた中村篤さん(62歳)が、長野へ移住・転職を決めたのは57歳のとき。転職先は長野市に拠点を置く、最先端のテクノロジーでプリント基板を設計するアルティメイトテクノロジィズ(株)という会社だった。こうした企業に巡り合えたのは幸運だったと話す通り、中村さんはこのまま長野に骨を埋めるつもりだという。生まれも育ちも勤務先も東京だった中村さんが、長野にたどり着くまでの半生を聞いた。

東京の城南地区から出たことのなかった学生時代

東京都大田区出身。小・中・高・大、さらに大学院まで東京の城南地区から離れたことがなかったという中村さんにとって、就職先で配属された国分寺でさえ、はじめは東京と思わなかったとか。当時は日本の電機メーカーが世界を席巻していた時代。大学・大学院とも無機材料工学の研究をしてきた中村さんに、日立製作所の中央研究所から声が掛かり、就職を決めたという。

「配属されたのは半導体事業部の開発部門でした。当時、配属された50人余りの同期のうち、半導体の研究をしてきた人はわずか5人ほど。私含め、ほとんどの同期が半導体についての知識はありませんでした。それぐらい半導体の部門に人が足りなかったし、伸びている分野だったんですね」

半導体とはスマートフォンやパソコン、テレビ、自動車にいたるまで、身の回りのあらゆる電子機器に搭載されている装置のこと。情報を記憶する、数値を計算する等、いわば人間の頭脳にあたる役目を担っており、日立をはじめ、あらゆる家電メーカーが開発・製造を競っていた。

当時は社内の教育制度も手厚かったと振り返る中村さんは、たくさん学ばせてもらいながら、自由に研究開発を進め、多くの特許も取得したという。

「半導体の製造には大きく、電子回路を形成する前工程と、それらを組み立てパッケージ化する後工程があるのですが、私が担当していたのは後者のプロセスです。その半導体を正しく作動させ、指令を送る装置が『プリント基板』で、ここアルティメイトテクノロジィズの得意分野ですので、そう考えるとこの頃から今につながっていたんですよね」

8231_01.jpg

プライベートでは結婚し、2人の子宝にも恵まれ、まさに公私ともに順風満帆な船出だった。

人生の転機は、社内公募での留学先ボストンでの暮らし

そんな中村さんにとっての一つ目の転機は、就職してから8年目のこと。社内公募で2年間、家族共々アメリカのボストンへ留学を果たしたことだった。

世の中から半導体の高速化が求められるようになっていくなか、その知見を補うための留学。MITやスタンフォードといった有名大学を選ぶ人も多くいるなか、中村さんはあえて偏差値ではなく、ボストン郊外の小さなカレッジを選んだ。MITの先生なども出入りするカレッジで、先生との距離も近く、同期の生徒も20名ほどで、密なコミュニケーションの中で研究に没頭できたという。

「なによりボストンという町の規模が心地よかったんです。都会すぎず、田舎すぎず。北に30分行けば綺麗なビーチもあり、西へ30分行けば小澤征爾が指揮を執るような野外コンサートホールもあり。コンパクトながら都市機能はすべて揃っていました。家もボストン郊外のビーチ沿いに構えていたのですが、玄関を出たらすぐに海辺という環境でした。この時の経験も、また今につながっているように思います」

8231_02.jpg

ボストンから北へ車で30分ほどの海沿いに位置するセイラムに家を構えていた

それまで東京での暮らししか経験してこなかった中村さんにとって、このボストンでの2年間の暮らしが、ライフスタイルという意味で大きく価値観を変えたことは間違いない。帰国したとき、多くの人が満員電車に揺られ通勤・通学する姿などを見て、「東京は過密すぎる…大きすぎる…」と感じたそう。この頃は将来、リタイヤしたらボストン郊外で余生を過ごそうと考えていたそうだ。

転職を決意した社内環境の変化

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索