8436_main.jpg
山梨の「水と山」が、ここへ導いてくれた
株式会社シャトレーゼ 中島 史郎さん
鳥羽山 康一郎
2019/11/18 (月) - 08:00

「シャトレーゼ」といえば、洋菓子やアイスで名の通っている会社だ。全国38の都道府県にショップを展開しているので、「今日食べた」という方もいるかもしれない。本社は、山梨県の甲府市。その販売戦略部で部長を務める中島史郎さんは、東京の外資系広告代理店からの転職者だ。かつては国際営業局に所属し、世界を飛び回る生活だった。そして国際ビジネスの第一線から、山梨のメーカーへ。その転機となったのは、山梨の「水」そして「山」だった。北杜市にある白州工場を訪れ、その転身の背景をうかがった。

国際ビジネスの陰で感じた限界

中島さんは、いわゆる「外資系代理店マン」だった。ニューヨークに本社のある広告代理店と、日本の巨大広告代理店の合弁会社だ。そこでの部署は国際営業局。アカウントプランナーとしてもっぱら外資系クライアントを担当し、海外の本社で打ち合わせやプレゼンテーション、日本では国際電話による電話会議に明け暮れた。 「その代理店には25年間勤めました。数えてみたら、世界26都市の仲間と仕事をしていて。航空会社の広告の仕事が、国際部門の最たるものでしたね。文字通り世界中を飛び回っていました」 しかし、その仕事は中島さんの生活を確実に蝕んでいた。日本時間での通常業務に加え、海外との時差による深夜からの電話会議。それが明け方まで続くときもあった。深夜近く、「野菜たっぷりチャンポン」を啜り込んで終電に乗る。出張が続いて自宅に帰れない。あるとき奥さんに「英語で寝言を言ってたわよ」と言われ、愕然とした。そろそろ広告業界から離れる時期かもしれない──そう思い始めた。

8436_01.jpg

広告代理店時代の中島さん。当時はアナログ時刻表片手に海外を駆け回っていた

3つの「差別化ポイント」を書き出す

「30代40代の頃は、ヘッドハンティングの話も多くありましたが、50歳過ぎるとパタッと止まりました。そこで、企業を分析するように、自分自身の分析をしてみたんです。自己のブランディングですね」 広告代理店で活用していた手法を応用し、自分が差別化できるポイントを挙げていった。その1「ブランドコミュニケーション」、その2「グローバル対応」、その3「『食』への興味」。中でも「食」に対しては並々ならぬ関心を持ち、経験値を積んできた。海外出張ではその街のおいしい店の情報を集めて訪れ、ショップカードをコレクション。クライアントとの会食に利用したり穴場的な店を教えたりしてきた。さらに、航空会社担当時代は商品であるビジネスクラスの機内食を数多く食べ、舌を磨く。食へのこだわりが、自分が進むべき道を見せてくれた。 さらに中島さんは「広告業界は企画力と創造力が試される場でしたが、担当商品のすべてのライフサイクルは見届けられません。ならば実業に『戻ろう』とも思いました」 「戻る」──実は広告代理店以前、中島さんはある大手メーカー勤務だった。新卒入社したその会社では、広報部門に配属。もともと絵を描くことが好きだった中島さんの心に、クリエイティブな業界への志向が強まり、転職した。しかし50代を迎えスタート地点である「実業」の、未経験ではあるが食品業界でもう一度モノ作りをしたいという目標が生まれた。55歳から60歳までの5年間でそれを実現すべく動き出す。

8436_02.jpg

転職前はその年に自分が培ったスキルを書き出し、職務履歴を毎年更新していた。恩師と仰ぐクライアントのアドバイスだった

白州の名水がシャトレーゼへ導いた

山梨県北杜市に、勤めていた広告代理店の借り上げペンションがあった。中島さんは毎年夏に家族で訪れ、子どもたちと尾白川(おじらがわ)で川遊びをした後、近くにあるお菓子工場でアイスを食べるのが楽しみだった。転職先候補の食品会社をリストアップしていたときその会社名を見つけ、一瞬であの清流を思い出した。それが、シャトレーゼだった。工場では現地で汲み上げる地下水を使っている(ちなみに、あの『南アルプス天然水』も隣に位置する工場で詰められている)。名水から作られているお菓子──何とも魅力的だった。 「自分の差別化ポイントの1と2、つまりブランディングやグローバルな経験を活かせる余地があると思ったんです。その頃住んでいた町にもシャトレーゼの店舗があって愛用していたから、商品力は間違いない。でもブランド認知度が低いので、潜在力と将来性があると感じていました」 そして中島さんは、シャトレーゼの社長宛に売り込みの手紙を書いた。「御社がさらに成長するためには、私のような人材が必要だ。なぜなら、御社の役に立つ3つの資質を持っているから」という、中島さん曰く「非常に厚かましい」内容だった。2か月後、忘れた頃に社長からメールがあり、その後3回の面接とプレゼンテーションを経て、入社が決まる。プレゼンテーションは会社の経営戦略に関する課題を出され、PowerPointで100ページにも及ぶ資料を作成したという本格的なものだった。 かくして2013年、55歳の誕生日から甲府のシャトレーゼ勤務が始まった。

8436_03.jpg

人気の工場見学コースにて。ここではアイスの試食が大人気

180度異なる企業文化を楽しむ

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索