JTBらが小中学生を対象にした地域イノベーター人財育成事業の法人を設立
GLOCAL MISSION Times 編集部
2018/07/03 (火) - 07:00

株式会社JTBと株式会社エムスクエア・ラボとアクトインディ株式会社は、小中学生を対象にした農業を通じた人財育成事業「農学芸スクール事業 Agri Arts & Science School」を展開するアグリアーツ推進事務局を3社共同出資により法人化し、2018年7月5日付でGlocal Design School株式会社を設立することに合意したことを発表した。Glocal Design School株式会社は、今後、日本全国で農業等を通じて地域の小中学生の成長を支援し、地域イノベーター人財育成事業の多拠点展開を推進していく。

180703_news_00

「農学芸スクール事業 Agri Arts & Science School」は静岡県菊川市の受託事業として2016年からスタートし、地域の小中学生が起業から会社経営を経験することができる地域部活動「ジュニアビレッジ」を運営している。第一号の「菊川ジュニアビレッジ」では、菊川市の主産業である茶業活性化と農業を通じた地域の小中学生の人材育成を目指し、小中学生によるハーブの栽培、ハーブティーの商品開発、販売開拓、さらには活動資金確保や収支報告まで、子ども達が主体的に経営をおこなっている。

この「菊川ジュニアビレッジ」運営で蓄積したノウハウやインフラと、JTBの営業ネットワーク、エムスクエア・ラボの農業情報システム、アクトインディのインターネットサービスノウハウを活かし、Glocal Design School株式会社では異業種連携による事業推進により「ジュニアビレッジ」の取組を今後日本全国に順次拡大し、子ども達が地域の産業や企業と共に成長する社会の実現に向けて取り組んでいくという。なお、今後は、千葉県柏市や神奈川県横須賀市でのジュニアビレッジの展開を計画している。

■事業推進主体詳細
社名:Glocal Design School株式会社
所在地:静岡県菊川市堀之内110番地1
設立:2018年7月5日
代表者:代表取締役 加藤百合子
出資金:700万円
主な事業内容:
「アグリアーツ®」の理念に基づいた地域ごとのジュニアビレッジ年間プログラム企画とスタートアップ支援、商品加工および販路開拓支援、プログラム運営に関わるコーチなどの運営研修の実施、ジュニアビレッジ運営に必要な各種インフラの提供、地域をつなぐプラットフォームの構築。
各種交流体験プログラムの企画、販売。企業向け福利厚生、研修プログラムの企画、販売。

(※1)「アグリアーツ®」とは、農業を通じ、子どもたちが地域・農業と触れ合い、世の中とつながり、不確実な未来を生き抜く力を身につける人材育成。自然科学、人文学、科学技術、環境、経営を横断的に教育するリベラルアーツプログラムにより、“地域発の次世代イノベーター”を生み出すことを目指す。

180703_news_01
180703_news_02
180703_news_04
180703_news_05
180703_news_06
180703_news_07

参考:
菊川ジュニアビレッジ
アグリアーツ


<事業内容に関するお問い合わせ先>
株式会社JTB プロモーション事業部 TEL:03-5909-8299
株式会社エムスクエア・ラボ TEL:0537-28-7721
アクトインディ株式会社 広報室 TEL:03-5435-1055

 

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索