菊池市とソフトバンクが「地域活性化包括連携協定」を締結 地域の活性化および市民サービスの向上を図る
GLOCAL MISSION Times 編集部
2018/08/06 (月) - 07:00

熊本県菊池市(以下「菊池市」)とソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、協働により地方創生を実現し、持続的な地域の発展に貢献することを目的として、ソフトバンクとしては九州の自治体とはじめて「地域活性化包括連携協定」を締結したことを発表した。

これまで菊池市とソフトバンクは、それぞれ、働き方改革の推進を図ってたが、ICTを活用したさまざまなサービスの利活用促進など、今後幅広い分野において相互連携を行い、協働を推進することで、地域の活性化および市民サービスの向上を図っていくという。本協定により双方の資源を有効に活用した協働により、地方創生を実現し、持続的な地域の発展に貢献していく。

【包括連携協定の概要】
1. 締結日:
2018年8月1日

2. 連携事項:
(1)ICTを活用した職員の働き方改革推進に関すること
ICTやRPA※の利用で庁内働き方改革を推進
庁内のWi-Fiを整備し、先進のICTを活用して庁内のペーパーレス化を推進するとともに、RPAによる業務の効率化を目指します。

(2)災害に強いまちづくりに関すること
防災対策の推進
学校や避難所などのWi-Fiを整備するとともに、ソフトバンクのグループ会社との連携によりあらゆる災害の情報を収集できる防災対策を推進します。

(3)インバウンド観光推進に関すること
人流解析データの活用を推進
多言語対応観光クラウドプラットフォームなどの活用を検討し、地域の観光・グルメ・宿泊・お土産情報などのコンテンツや観光ガイドにより、外国人観光客に向けた利便性向上を目指します。

(4)ICTを活用した農業改革に関すること
農業IoTソリューションの推進
ICTを活用し最適な農作物の生育管理をデータ化するとともに、ベテランから若手へ農業技術を継承し、次世代を担う農業者の育成を目指します。

(5)ICTを活用した健康・高齢者の暮らしの改善推進に関すること
医療情報の利活用(メディカルネットワーク)、高齢者徘徊見守りネットワークの整備を推進
高齢者に優しいまちづくりを目指します。

(6)ICTを活用した子ども・青少年の教育・育成に関すること
2020年のプログラミング教育必修化に向けた育成環境作りの推進
地元の学生に対するプログラミング教育を推進し「論理的思考力」や「問題解決能力」を養える子どもや青少年の育成を目指します。

(7)その他両者が協議して必要と認めること
今後、地方創生の実現に向けて菊池市とソフトバンクが連携し、ICTを活用した新たな取り組みを目指します。


[注]
・RPA(Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)は、ソフトウエアロボットにより業務プロセスを自動化することを指します。

・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

・プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

 

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索