国内初!地域おこし協力隊制度を活用した地域マーケター育成事業「NATIV.Camp」開始
GLOCAL MISSION Times 編集部
2018/10/24 (水) - 07:00

各地で地方創生につながる事業を展開している、ネイティブ株式会社(以下 ネイティブ)は、地域おこし協力隊制度を活用した、地域のマーケティング戦略を企画し、その実行の中心メンバーとなる「地域マーケター」を育成する事業を自治体や地域振興関連事業者に向けて実施することを発表した。

181024_news_01


ネイティブは『地域を共に創る。』というミッションを掲げ、地域の魅力の発掘や発信を担う地域メディアの開発・運用や、地産品を使った商品企画など、地域のマーケティングに関わる事業を各地で行っている。

一方、地域では、地域ごとの魅力を発掘・発信し、顧客を開発して、継続的な収益を生み出すことが、まさに今、求められており、これらはいわば地域の「マーケティング活動」そのもので、地域の側にこそマーケティグの知識を備え、その実践の中心となる人材(マーケター)の存在が強く求められていた。

そこで、ネイティブではこれまでの経験や、各地で活躍する専門家とのネットワークを活用し、地域マーケターを育成する事業「NATIV.Camp(ネイティブ・キャンプ)」を開始し、地域を大きく動かす原動力となる人材を増やし、その需要に応えていく。

「NATIV.Camp」は、主として全国997の自治体に広がる「地域おこし協力隊」の制度の活用を前提に考えており、(※1) 自治体がこれから新規採用する隊員、もしくは既に活動中の隊員に対して、ネイティブが主催する6ヶ月間の集中カリキュラムを受講し、その後も継続して専用のオンライン・サロン(コミュニティ)で情報共有を行うというスタイルで進める予定。

また、本事業は単なる座学にとどまらず、各種専門家と共に、実際に参加者が着任した地域のマーケティングプランをまとめることを目的にしたワークショップを行う。ネイティブのこれまでの経験はもとより、各地で活動中の参加者同士の生の声を共有し、より実践的な知識と人的ネットワークが獲得できる、共創の場を提供していくという。


 ※1 地域マーケター育成対象については、必ずしも「地域おこし協力隊員」限定ではありません。観光関連組織や、地域商社などの職員、自治体職員の方のご参加も可能です。


【今後の予定】
事業開始: 2019年4月下旬(予定)
募集期間: 2018年10月23日〜2019年3月中旬(予定)
第1回募集人数:16名をめどとしています。 (※最少催行人数8名以上)

事業内容の詳細は、下記URLをご参照ください。
https://www.nativ.co.jp/article/nativ-camp/

ご希望いただける自治体や事業者様からのお問い合わせの受付を開始します。
また、ご要望に応じて、弊社が運用する「地方創生業界メディア【ネイティブ】」に、地域おこし協力隊募集の記事広告を掲載するなどの求人のご支援も承ります。
詳細については、下記お問い合わせ先までご連絡ください。


■企業概要
ネイティブ株式会社
所在地 :東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階
代表者 :代表取締役 倉重 宜弘
事業内容:地域メディア等の企画、運用、事業化支援、地域観光事業など
URL:https://www.nativ.co.jp/

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索