北海道ガスとGREEN UTILITYがモバイルバッテリーシェアリングのサービス展開を検討を開始
GLOCAL MISSION Times 編集部
2019/02/04 (月) - 07:00

北海道ガス株式会社(以下、北海道ガス)とGREEN UTILITY株式会社(以下、GREEN UTILITY)は、北海道内におけるモバイルバッテリーシェアリング事業「mocha」において協業の検討を開始したことを発表した。

190204_news_01

昨今、スマホの利用が拡大する一方で、スマホ内蔵バッテリーの持ち時間、充電場所を探す手間などが問題となっていた。また、GREEN UTILITYは2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の際に札幌市へモバイルバッテリーを無料開放し、被災者や観光客たちへ提供も行っていた。

一方、北海道ガス株式会社も、電気を提供していることから、一般消費者が受け入れやすい形で「北ガスの電気」という自社の電気プランを広く知ってもらうという狙いもあり、今回の協業に至った。2019年2月より札幌市内を中心に、約40箇所のmochaステーションの設置検討を行う予定。

mochaスマホ充電サービスは、2018年9月ローンチして以来、KDDI株式会社と白馬観光局との共同プロジェクトで、地域活性化及びインバウンド支援を目的に、昨年12月長野県白馬村にて22箇所のmochaステーションを展開しており、今回、北海道ガス株式会社と共同展開した札幌プロジェクトは地方創生及びインバウンド支援の第2弾として実施する。

GREEN UTILITYは今後も積極的地方やインバウンドの支援を念頭に、2020年までに日本全国1万箇所の展開を計画している。

190204_news_02

【利用方法】
1.mocha専用アプリをダウンロード

iOS用アプリダウンロード
https://goo.gl/2jFjtL

アンドロイド用アプリダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.shareasy.mocha

2.アプリを起動して会員登録して決済方法を登録
3.mochaステーションにあるQRコードをスキャン
4.排出されたモバイルバッテリーを持ち出し充電
5.  充電が終了したら、お近くのmochaステーション空きスロットへ返却

【利用料金】

190204_news_03

毎日初回15分無料
100円/1時間、1日上限500円
5日間未返却で3,000円で買取となります。(買取後もご自宅で充電可能です。)
支払方法は各種クレジットカードのほか、WeChat Pay、PayPay、 Alipay、Line Pay、 Amazon Pay、Apple Payなどを順次導入しています。

【お問い合わせ】
info@mocha.jp
mocha公式サイト: https://www.mocha.jp/

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索