8401_main.jpg
福岡の小さな醤油屋が起こした奇跡。独自の戦略でヒット連発の食品メーカーへ(後編)
株式会社久原本家グループ本社
GLOCAL MISSION Times 編集部
2019/11/16 (土) - 08:00

「茅乃舎(かやのや)だし」「キャベツのうまたれ」「椒房庵(しょぼうあん)のあごだし明太子」など、福岡から魅力的なヒット商品を発信し続けている「久原本家グループ」は、実は小さな醤油蔵をルーツに持つ創業126年の老舗企業。いかにして地方の醤油屋が、グローカルに展開する食品メーカーへと生まれ変わったのか。代表取締役社長の河邉哲司さんに、挑戦の歩みと成功の秘密をうかがった。

>>>こちらもあわせてご覧ください。
福岡の小さな醤油屋が起こした奇跡。独自の戦略でヒット連発の食品メーカーへ(前編)

キーワードは感動。誰かに言いたくなるものを作れ

河邉社長は企業理念も新たに掲げ直した。「モノ言わぬモノに モノ言わす モノづくり」。もともとは、ある会合で知り合った岡山の民宿オーナーの言葉だったという。

「初めてこの言葉を聞いたときに、すごく鳥肌がたったんです。私がやろうとしていること、私が思っていることは、この言葉で代弁されるなと思いました。まさしく食べ物はモノを言わないけれども、おいしくて感動したら、人は誰かに言いたくなる『あんた知っと〜?』と言いたくなるんです。口伝えほど強いものはない。そうやって見事に広がったのが『茅乃舎だし』でした。これなんかは、たくさんの皆さんが買って下さって、『私が気に入っているの』とみんなに配ってくださったことで、全国に拡がっていった。これはびっくりなんです。そういうことがまさしく、『モノ言わぬモノに モノ言わす モノづくり』なんですね」

8401_05.jpg

今回お話をうかがった久原本家グループ本社 代表取締役社長 河邉 哲司さん

今の時代だからできる、地方企業の戦い方

「久原本家グループ」の特異性は、売り上げの構成にもみられる。問屋や量販店への卸販売は少なく、メーカーでありながら、売り上げの大半を通販や直販といった、消費者とのダイレクトな取引が占めているのだ。と同時にそれは、大きな強みでもあると河邉社長はいう。多くの消費者とつながっているから、ニーズも直接聞くことができ、次の商品開発に活かすことができるからだ。実際、そうして生まれた商品も数多くある。

「極めて特異なビジネスだと思います。でもこれは、地方のこういう企業だからできるビジネスモデルだと私は思っているんです。田舎の小さな企業で、旧態依然とした業種ですよね。醤油屋、酒屋…。そういう業種でも、やりようによっては、やれる。そういうものが少しでも発信できればいいなぁと思っていて。今は店舗を持たなくても、通信販売でお客さんとダイレクトに売ることができるんですから。逆に言えば、地方の中小企業が生き残れる時代になったと思います」

ただし、実際にアクションを起こせるかどうかは、また別な話。経営陣が「難しい」と判断すればそれで終わりで、挑戦してみないと道は拓けない。その決断力、行動力こそが、「久原本家グループ」の進化を導いてきた。

「これはオーナー企業だからできるんですよ。大手だったら、取締役会をして、社内決裁を通すにも時間を要してね、『それ失敗したらお前責任取れ』みたいな話になるわけですよ。そんなこと言われたら誰もしたくないですよ。でも我々は挑戦するしかないから。そこの違いはものすごくあると思います」

本物の調味料を使った、正しい日本食を世界へ

2016年からは海外進出にも挑戦している。ベトナム・ホーチミンに日本料理店を出店。アメリカには「茅乃舎オンラインショップUSA」を立ち上げた。

「ベトナムにはあともう1軒、作るかもしれません。今はレストラン業からスタートしてますけれども、将来はASEANの基地になるようになればいいなと思っています。これだけ寿司や和食が世界中に広がっているわけですから、その基礎である、だしだったり、醤油という食文化をもっと広げていきたいなぁと思っているんです」

8401_12.jpg

ベトナム・ホーチミンにオープンした日本料理店「KUBARA」

長年の経営難を脱出し、販路がようやく全国に開かれたと思ったら、すぐに海外進出。その決断の速さと行動力にも目を見張る。

「そうしないとね、飯が食えなくなるのが明白だからですよ。10年後、20年後、30年後に、人口が減ってどうしますか?というのは現実的な話で。そうなってから海外に進出しようと思ってもやっぱり難しいですよ。これは時間がかかりますから。コツコツいろんな勉強をしながら少しずつ拓けていくものだと思うので、あえて早い時期から挑戦しようと考えたんです」

8401_04.jpg

最近は国内の店舗でもインバウンドの売上が存在感を増してきた。

「特に東京駅とかミッドタウンとか新宿とかは、インバウンドのお客様がすごく多いんです。やっぱりそういう方々を取り込んでいくことで、海外の知名度が上がっていく。特に台湾なんかすごいですよ。催事をすると香港やシンガポールでは『だし屋』と呼ばれているんですが、台湾だけは台湾語で『茅乃舎』と呼んでいただけているんです。だしではなく、ブランドとして認知されているんです」

その一方で気になっていることもある。和食人気の高まりに乗じて、中国や台湾などの企業が、日本のものに似せて作った調味料が出回っていることだ。

「例えばイタリアンなら、料理もイタリアの食材も世界にどんどん出て行っていますよね。ところが和食の場合、和食を作るにはこれがないとだめだよね、ということにはまだ残念ながらなっていないんです。なんちゃって調味料がいっぱい出回っていても、海外の人は、日本のものか、中国のものか、台湾のものかわからない。それってまずいじゃないですか。すごくもったいない。本物の調味料を使った、正しい日本食を広めたいと思っているんですよね」

社会への恩返しを忘れてはいけない

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索