7731_main.JPG
人とまちに魅了され、とどまる覚悟をした福岡で自らの足跡残す仕事を
空気株式会社 小澤 利男さん
亀和田 俊明
2019/07/24 (水) - 08:00

国内の移住地として人気が高く、ビジネスマンの希望赴任先としても北海道札幌市と双璧の都市が福岡県福岡市だ。特に福岡市はインバウンドも数多く訪れるとともに、起業する人たちにとっても行政の支援などを手厚く受けられるメリットの多い土地でもある。大手広告代理店の九州支社長として赴任した小澤利男さん(60歳)が、福岡の人とまちに魅了され、永住を決意するなかで映像制作会社の副社長へ転職を果たした経緯や移住、転職について聞いた。

小学校6年生の時に大阪万博で出合った広告の世界

愛知県名古屋市で、自動車の設計に携わっていたエンジニアを父に持つ家庭の長男として生まれた小澤さんは、小学校6年生だった1970年に後の人生を決めることになる国家的なイベントを体験するとともに、運命の仕事と出合っている。

「1970年、小学6年の時に、『こんにちは~』の唄に踊らされて千里の丘に大阪万博を見に行きました。当時の万博には日本中の人が熱狂する高揚感がありましたが、その熱狂を目の当たりにして『凄げえな』と思ったんですよ。動員力とか。誰がやっているのか、通産省(当時)かなと思ったら、実は電通だって教えられて。これだけの人の心を動かして素直に素敵だと思った。そんな仕事があるのを初めて知って、こんな仕事をできたらなと思いました」

7731_01.jpg

小学校6年生の時に出合った広告の世界(大阪万博会場の太陽の塔の前で)

それから迷うことなく、広告会社や広告の仕事を目指すことになる。自分で何かを発信して、行っていくことが魅力だと思うとともに、父親とは違い、プロダクトではなく、コミュニケーションが自分には向いているのではと感じ、自らの進む道を定めた。

1970年の万博との出合いは、折に触れて、周囲の人にも話していることから、2025年の大阪万博を控え、「小澤さんのキャリアは、1970年の万博で始まり、2025年の万博で終わる。万博で始まって万博で終わる人生ですね」と指摘されるという。

この夢を中学、高校と持ち続け、大学は北海道大学と信州大学を受験した。バンカラに憧れた第1志望の北大は落ちたが、父から浪人を許されなかったことから信州大に進学。この時の受験の失敗は、「生まれて初めての挫折経験だったんだけど、失敗して、落ちて、折れて、そこから立ち直っていくっていう経験。当時はお先真っ暗でしたが、そんな経験もやっぱり糧になっている。つまずいたというのは、きっと良かったんだなと思いますね」と振り返る。

信州大学人文学部経済学科を卒業後は、ためらうことなく、広告会社に狙いを定め、電通や博報堂をはじめ5社を受験し、最も相性が良かった旭通信社に1981年に就職した。

「合格した会社の中で、実際に行ってみたら一番フィットしていたのが旭通信社でした。旭通信社の魅力は圧倒的に人ですね。哲学がユニークでした。新入社員のころから一人一人が会社の代表者で、自分が全て判断するという経営者の意識を植え付けられました。営業主体の会社でしたが、エネルギーが満ち溢れていましたね。社屋はボロボロでしたけど」

当時、旭通信社は広告業界では10位だったが、1999年には第一企画と合併して株式会社アサツーディ・ケイが発足し、業界3位まで上り詰めることになるものの、業界では派手と見られていた第一企画と地味な旭通信社とでは水と油の部分もあったようだ。

広告会社の九州支社長として地縁血縁ない福岡に赴任

東京本社で営業職を30年勤めることになるが、メディアビジネスとコンテンツビジネスの両方を経験できたことが良かったという。そのなかでプロデューサーとしての経験を積む。

「東京本社に30年、営業一筋でした。プロデューサーとしてお客さまから予算を預かり、どんなクリエイターを充てるか、自分の会社のリソースの何が強みかというのは把握していないといけないし、ベストな布陣で臨まなければならない。後は人を動かすということですね。プロジェクトを動かしていくには何が大事かということを、その時、その時、自分で工夫していくことを学びました。この時の経験がプロデューサー修行になりました」

その後、同社は広告世界最大手のWPPの傘下に入ったが、横槍が入ったり、理にかなわないことが多くあって迷走していたという。自分としてはモヤモヤ感があり、このままであれば、「やっていられない」と辞めようと思っていた時に、九州支社長の辞令が下りることになる。

7731_02.JPG

営業一筋の東京本社ではプロデューサーを経験し最後には営業本部長を務めていた

「半分辞めてしまおうかと気持ちが芽生えていた時に今の社長に呼ばれて、九州支社長だけれども行ってくれないか、と言われました。飛びつきましたね。東京の本社から離れているし、自分の裁量でできるというので、喜んで行くことに決めました。九州、博多には地縁も血縁も、もちろん知己も全くいなかったけれど」

2011年1月に営業総括・九州支社長として福岡へ赴任。「福岡に着任したのが年末で、正月に独り新しい自宅のテレビで箱根駅伝を観戦していると、青空が広がった関東とは違う、どんよりと雲が垂れた博多の空を眺めて日本海側の街に来たんだと強く感じました」

九州支社の強みはダイレクトマーケティングといわれているように通販3社がメインクライアントだったが、当初、赴任の挨拶で地元企業を回ると経営者たちから受ける、東京とは違う圧の強さに驚くことに。また、スタッフは60人ほどだが、地元代理店からの転職組が要職を務めており、戸惑う場面も多かったという。

「会社のトップは東京にいて、僕は支社のリーダーに過ぎません。支社長として組織を引っ張っていくには、一個一個の小さな決断を、いろいろな局面で、どう栽いていくかということで、部下の信頼を勝ち得ていくしかないんですね。楽しかったですけど、きつい部分もありました。一方で、支社長は、自分の裁量で経営でき、携われる部分があるので、九州支社ではマネジメントを勉強させてもらったと思っています」

2013年以降は広島や愛媛のトップも兼ねることになり、結局、九州支社で5年間勤務することになる。

住みたい、暮らし続けたいと願った福岡での永住を決意

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索