8071_main.jpg
「博多ではない福岡」から思い描く未来
大神設計株式会社 神谷 祐輔さん
鳥羽山 康一郎
2019/09/09 (月) - 08:00

福岡市と言えば、さまざまなジャンルで九州の中核となる大都市。しかし同じ市内でも、その「へり」の部分は地方色が実に豊かだ。東京から転職・移住した神谷祐輔(かみたに ゆうすけ)さんを訪ねた。いわゆる「博多」とは違った働きがい・住み甲斐がそこにあった。

大阪生まれ、二都での勤務経験

博多駅から、バスで40分ほど。近代的なビルが林立する景観は後ろになり、車窓にはごく普通の地方都市の風景が流れていく。地元の人ならきっと自家用車で移動するだろうなと思いつつ、緑の濃い町並みを歩き、聞いていた「大神設計」の住所を訪ねた。迎えてくれた神谷祐輔さんが、にこやかに会議室へいざなってくれる。34歳(2019年8月当時)、この地に引っ越してまだ半年程度だ。大阪の寝屋川市出身で、京都の大学を卒業後は大阪の会社に就職した。「飲食業やホテル、レジャー産業を手広くやっている会社でした」という。大阪や東京にある有名なうどん店を皮切りに、全国各地にさまざまな業態の事業を展開している。
「クリエイティブな発想を大切にする会社で、新入社員にも自主的なプロジェクトを任せてくれました」。例えば、長崎県の離島にある宿泊施設を夏の2か月間海の家として経営せよ、と新入社員たちに任せるなど、ワクワクするような課題を与えてくれた。
だがそこを1年程度で退職し、次は東京の会社へ転職。体力的にきつかったせいもあったが、一度は東京で仕事をしてみたいという気持ちが勝った。次の勤務先は、グミキャンディの製造会社。日本で唯一、グミに特化したメーカーだ。業界では有名で、大手各社のOEM生産を行っている。転職サイトで探し、一度の面接で入社が決まった。第二新卒の神谷氏は営業チームに配属され、東京での生活が始まった。大阪の次は東京という2つ目の巨大都市で、キャリアを積むことになる。大阪人にとって東京は何かしらの対抗心を抱く対象かもしれないが、神谷氏は「とても親切な人が多いし、一人暮らしをするのも楽しかった」と、カルチャーギャップは感じなかったそうだ。住んでいたのは江戸川区だったから、下町の気安さもあったのかもしれない。

8071_01.jpg

東京では北区〜江戸川区と、下町的なエリアに居を構えた

社長の片腕として福岡へ

グミキャンディメーカーに入社した2008年当時、会社には6人の営業マンがいた。業績は上がり従業員数も増えていったが、営業マンはやがて3人に減ってしまう。神谷氏は社長と行動を共にする機会が増えた。
「隣にはいつも社長がいる、という環境でした。人数が減った分、いろいろな仕事を任せてもらえました。一営業マンであったのに、事業計画書を書くこともありました」
この機械を導入すると費用はこれだけかかるが製造できる製品はこうで、収益はどれくらい見込めるかと計画を練る。それが採用されてプロジェクトを率いたこともあった。「30そこそこの人間にとって、いい経験でした」と振り返る。近い将来それが役に立つとは、そのときは知るよしもない。
神谷氏が26歳のとき、大阪勤務時代に社内で知り合った女性と結婚。福岡市出身で、実家は設計会社を経営していた。そう、今神谷氏が務めている大神設計だ。
2018年のゴールデンウィークに福岡へ行ったとき、義父である大神社長から「会社を手伝ってほしい」とオファーを受けた。結婚以来夫婦で(子どもができてからは3人で)よく福岡へ里帰りしていて、こういった話はそれまでもちらほら出されていた。あくまでも冗談と受け流していたが、そのときは真剣だった。3年前、博多の会社でシステムエンジニアをやっていた奥さんの弟を、次期社長候補として入社させていた。その片腕として経営に加わってほしいと、請われたのだ。事業承継に対する大神社長の考えを聞き、心を決めた。
「妻の実家が会社経営していることはもちろん知っていましたし、相談や打診はそれまでも受けていました。いよいよ真剣に来たな、と。妻の実家ということもあり、子どもも祖父母になついていましたから」
かくして11年間の東京暮らしを切り上げ、「三都目」の生活が始まった。2019年2月のことだった。

8071_02.jpg

「福岡ではまだ半年のキャリアです」という神谷氏

飛び込んだのはまったく未経験の業界

新卒で入社したのは外食・サービス業、次は菓子の製造業。そして今度は設計会社。営業担当となり、奥さんの実家ではあるものの、今までのぞいたこともない業界だ。ちなみに設計会社にはさまざまな分野があり、大神設計は建築現場の工事用図面を描くB to Bの設計会社だ。ゼネコンなどから図面作成のアウトソーシングを受けて納品するのが主な業務。大神社長は1986年にスーパーゼネコンから独立して会社を興した。
「業界が違うと、使っている言葉や単語も違います。それに、周りからは『娘婿が入ってきた』という視線で見られます。妻は実家だから気楽ですが、私はとても不安でプレッシャーも感じていました」
それでも、比較的すんなりと新しい環境に溶け込めた。大阪で生まれ育ち東京は下町に暮らし、人の懐に自然に入っていける素地があった。さらに、グミキャンディメーカーでは経営的な修業や経験も積んできたから、大神設計の経営にタッチすることに違和感はなかった。
「まったく未経験の業界で営業職となれば、とにかく勉強しなければ。何もわかってないのでそれは自分に課せられた使命だと思っています。
大神設計は本社に15人、別の場所にある事務所に10人、それ以外に、現場へ派遣されている人たちが20人ほど。現在45人の所帯を持つ会社だ。創立30年を超え、そこそこの規模にまで拡大してきた。従業員の他、取引先からも「東京から来た新人幹部」は興味の的だろう。神谷氏は、まず自分なりの方法で爪痕を残そうと、ある企画を考えた。

8071_03.jpg

手前の容器に入っているのが最初に手がけたノベルティ

強力営業ツール・大神グミ

「建築業界って、昔から体育会系であるとともに職人気質も濃くて、堅い感じがしていました。あまり遊びが許されないというか。最初はアポイントも取りづらくて」と感じた神谷氏は、大神設計という名前をフランクな形で広めるために、社名入りのグミを作ったらどうかと思い付いた。営業先に持っていって見せれば、笑ってもらえるネタとなる。さらに、職人は夏場など気温がとても高くなる環境で働いているから、クエン酸や塩分が含まれるグミは熱中症対策として有効だ。レモンスカッシュ味で、気分もリフレッシュできる。
「前職の社長に相談して、無料でサンプルを作ってもらいました。『大神グミ』とラベルに大きく書いてまずは覚えてもらおうという、ノベルティー作戦です」
ラベルには大神設計の営業品目もしっかりと載せている。電話番号もホームページのURLもあるから、あとで思い出したときに連絡をもらうことができる。今までにないアプローチは、好評を博した。「ああ、あのグミのところ」と、記憶に残ったに違いない。前職の資産も、しっかりと活用した。

8071_04.jpg

「熱中症対策」という謳い文句は現場で興味を惹く

父ちゃん母ちゃん会社を「企業」へ

Glocal Mission Jobsこの記事に関連する地方求人

同じカテゴリーの記事

同じエリアの記事

気になるエリアの記事を検索